転職における職務経歴書の書き方について

転職エージェント 深入エドワード
2018年6月6日

職務経歴書はPRのためのプレゼンテーションツール!

職務経歴書の書き方にはコツがある、ということは知っていますか?

職務経歴書は転職活動で必須のツールですが、単純に経歴を列記する文書ではなく、あなたを転職希望先にPRするためのプレゼンテーションツールなのです。そのことを意識して記載することが転職の成功に繋がります。

この記事では転職における職務経歴書の作成について、その考え方はコツを紹介します。

転職成功者が語る「職務経歴書について工夫した点」

転職成功者対するアンケート結果によると、工夫のポイントは以下の通り。

  • 見やすく書く
  • わかりやすく書く
  • 時系列で並べて書く

どの工夫も、「読み手が読みやすいか」ということに重きをおいてなされた工夫ですね。

アンケート回答者の中には、「応募先の企業の風土・業種によってPR内容を変えた」という方もいました。

「読みやすくする」「読み手が理解しやすい・共感しやすい内容で書く」以外に、どのようなポイントがあるのでしょうか。

「読みやすく」に加えて「応募企業との共通点を強調する」ことが大切!

職務経歴書を角にあたり、重要なポイントは次の3つです。

  1. わかりやすく書く
  2. 見やすく書く
  3. 応募企業との共通点を強調する

多くの転職希望者は、就活のときの経験やインターネット上にあるような記載例をもとにすることで、かなり読みやすい・わかりやすい職務経歴書は書けているはずです。

一方、まだまだ改善の余地があるなと感じるのが「共通点」に関する記載です。

読み手(応募企業の人事担当者など)に興味を持ってもらうには、今までの自身の経験を振り返った上で共通点を探し、「相手企業に」「どういったことを」特に伝えたいのかを整理して書くことが非常に重要なポイントとなってきます。

特に、「どういったスキルを持っているか」「どういった実績を上げたか」ということが明記できるのであれば、それを別枠にして目立つように記載することも一手です。

このときに大切なのは、あまり多く書きすぎず(多くても5個まで)、焦点がぼやけてしまわないようにすることです。エッジの効いたいくつかの記載の中から、人事が「これは!」と思うような点が一つでもあれば、他の項目についてもじっくりと目を通してもらいやすくなります。

基本的なポイントである「読みやすさ」を高めるために、読み手が理解しづらい箇所は無いかといった目線で推敲を重ね、少しでも怪しい記載がある場合は表現を変えたり補足を記載するなどといったことも大切ですね。特に専門職の場合は読み手が理解できない用語は使わないなど、相手が専門職ではなく人事担当者であることも踏まえた記載が大切です。

また、ぼやっとした記載にならないように数字で実績が示せる場合はそれを記載することも大切でしょう。前期比あるいは他の社員との比較などがあれば、あなたの相対的な位置づけや成長を伝えることも可能です。

具体的かつ客観的な自己PRが決め手に!

フォーマットによっては項目がないかもしれませんが、その時は自ら項目を設けるなどして自己PR欄を作ることも良いアイディアです。

自己PRをしっかり書くことで、今までどのような経験をし、そこから何を学んできたのかを伝えることができます。

自己PRを書く際のコツについてですが、重要なのは「具体的に書くこと」「客観的に書くこと」の2点です。

例えばあまり良くない例として「多くの方とやり取りをすることで、コミュニケーションが得意になりました」というPR。これでは状況も理解できず、本当に得意なのかもわかりません。こういったことをPRするのであれば、「平均で100名の方と毎日商談を行っています。マニュアル通りの説明をした後には相手の表情を伺い、不明点や質問が無いかも必ず確認しています。」といった書き方にすることで、普段の業務量やシーンが目に浮かびますし、コミュニケーションが得意と言っている理由やそこに繋がる取り組みについても伝えることができます。

以上のことを意識して、読み手が評価しやすい、あるいは興味を持つような職務経歴書になるようにがんばりましょう!

職務経歴書について、更には履歴書やエントリーシートについては転職ノウハウ新聞さんの記事、転職を成功させる履歴書・職務経歴書・エントリーシートの書き方でも詳細な説明がされています。そちらもぜひご確認ください。

Comments are closed !